電車で隣に女性が座ってくれると心から嬉しいので必死に対策を考えた

電車で隣に女性

基本的に電車で座れた時って隣にはなるべく女性が来てほしいと思いますよね。普通。

これって男だけじゃなくて、実は男女両方ともそう思っているらしいです。

大抵の場合女性はあまりスペースも取られないので、窮屈な思いをせずにすみますし。

僕なんかの場合、隣に女性が座っていただけると心から喜ばしく、まさに恐悦至極と呼ぶにふさわしい気持ちになります。

というわけで、今回はそんな卑しい私めの隣に女性様が気持ちよく座ってくださるには一体どうすればよいのか?という点をトコトン掘り下げてみました。

なぜ電車で男性が隣りに座ると嫌なのか

そもそもなぜ隣に男が座るのが嫌なのか、という点をまず明らかにします。

基本的に、人間にはパーソナルスペースと言うものがありますから、そこに他人が入ることに不快感を感じます。

ましてや知らない人と肩とか膝が触れ合ったら普通は不快じゃないですか。

にも関わらずなぜか電車内では肩や足を積極的に触れてくるやつが時々現れます。

で、しかもそれって大抵男なんですわ。

あえて触れてくるって普通に考えてめっちゃキモいじゃないですか。

『足をしっかり広げて太ももを密着させてお互いの体温を確かめ合う。あわよくばその牡鹿のような艶めかしい太ももを流れる熱い血潮と鼓動を感じたい。』

そんな麗しき愛の行為を誰かれ構わず堂々としてくるやつが世の中にはいるんですわ。

いきなり布一枚越しに体温を確かめ合おうぜとか、ある意味フリーダム過ぎじゃないですか。

どんな文化圏で育ってきたんだコイツは。みたいな。

でも女性の場合はそういった可能性が低め。

なのでもし自分が座る時も悪いけどなるべく同じ文化隣には男は来てほしくないなって思います。

たまに男性でも背もたれに背をつけないでちょこんと座る人がいるけど、それならOKです。

ずっしり座るやつは勘弁。

ましてや暑い時期なんて地獄。体温感じてる場合じゃない。

電車で隣に女性が座る確率を上げる方法

で、本題なんですがなるべく女性が隣りに座る確率を可能な限り上げるにはどうしたらいいのかを頭を振り絞って考えてみました。

基本的に女性に『ああ、この人の隣なら安心して座れそうね』と思ってもらう必要があるわけです。

つまり『安心してください!僕、無害!』みたいな雰囲気を醸し出すことが大事。

そのために心がけるべきポイントを挙げてみました。

清潔感を出すのはマスト!

言うまでもないことだけど、女性にとって一番重要というか必須といえるのは清潔感です。

もちろん自分のようなミジンコの隣に女性様に座って頂こうなどと大それたことを考える以上、清潔感を出すのは必須といえます。

肩にフケがあったり、ヨレヨレの服を着ていたり、ましてや体臭などもってのほか!!

ちゃんとお風呂に入って、歯を磨き、クリーニングをかけたパリッとした服を着てから準備万端で電車にのりましょう!

ちゃんと座席に座ろう

よほど強気で好戦的な野獣でもない限り、基本的に誰でもだらけた座り方をしている人の隣は避けようとするはずです。

女性の場合その傾向がより強い。

というわけでまずはちゃんと座るというのが大前提になります。

また、隣にはみ出すように荷物を抱えていたりするのもマイナスポイント。

とにかく僕の隣座ることでなんか不快な思いをしそうだな、という感覚を与えてはいけないわけです。

もちろんコックリコックリ頭が揺れるほど熟睡するのもN・G!

何をしているか、も実は重要

例えば澄ました顔して『男でもできる!編み物 入門』みたいな本でも読んでたら無害そうですよね。

コレならきっと女性も安心です。

あるいはぼーっと外の景色を眺めているというのもいいでしょう。

ちなみにスマホでゲームをしている人も多いのですがコレはいただけません。

夢中になってカタカタ揺れて隣に迷惑をかけてしまうおそれがあるからです。

イヤホンから音楽垂れ流してたり、電車内で通話するなんてもちろんダメですよ!

女性はそういった不穏分子の匂いには敏感ですから、すぐに避けられてしまいます。

まわりに威圧感を出さないように

例えば『あ”~?プチッと踏み潰すぞカス』(ドレッドヘア)みたいな顔してたら絶対寄ってこないですよね。

グラサンとか金髪とかヒゲなんかも人によっては威圧感をかもしだしてしまいます。

知らず知らずのうちに周りにちょっと怖そう・・・って思われていないかチェックしましょう。

手っ取り早いのは表情を穏やかにすることです。

できれば車内では終始エビス丸のようにニコニコしているのがいいでしょう。

女性が車内に乗ってきたら柔和な笑顔で「隣にどうぞ」と言ってあげるとより成功率を高められます。

まとめ

というわけで、電車で隣に女性に座って頂く可能性を少しでも上げる方法を考えてみました。

まあここまでやったら後はもう運だよね。

PS

思ったんだけど電車の座席を男女交互になるような全席半指定席にしたらどうだろう。

つまり『男専用女専用男専用女専用』と席が決まっていて、男女はそのどちらかにしか座れないという仕組み。

これならちょうど良いバランスで座れると思うんだ。

男男男って並んで座るから狭いんだよね。

特に冬。

でもこれやると必ず女性は両脇男に囲まれるから絶対反対されるよね。

女性専用車両とかある時代にモロ逆行してるよね。

まあ、結局座席の間隔をもっと開けて、間に仕切りでも入れるってのが一番いいんじゃないかな。

とにかくみんなもっとパーソナルスペースがほしいと思うんだ。

何が言いたいかっていうと混んでる電車は辛いよね、って話でした。

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です