【つい寝てしまう人へ】夜勉強したいのに寝落ちしない為の対処法

すぐ寝てしまう時の対処

勉強や読書など、夜に色々とやりたいことがある人は多いと思います。

僕もブログを書くのは基本的に夜、PCで作業しています。

けど、そんな時によく襲ってくるのが『睡魔』ですよね。

『勉強したいのに・・・つい寝てしまった』そんな経験あるでしょう。

今回はそんな睡魔への対策を経験を元に考えてみたので、共有したいと思います。

僕が実際に試して非常に効果があった方法をご紹介しますよ!

ちなみに僕が日々時間を生み出すための方法として実践中の『4時間半 熟睡法のコツとポイント紹介!無理なく時間を生み出す方法』も是非目を通して見てください!

寝てしまったときの罪悪感と後悔

社会人になると色々と忙しく、資格試験の勉強をするにしても、その時間を捻出するのが難しくなります。

一般的には帰宅後の夜が中心になるでしょう。大体夜22:00~25:00辺りでしょうか。

僕も何かするにはこの時間帯が多いです。

でも、特にこの22:00頃って経験上かなり危険なんです。

夕食をたらふく食べていい感じにお腹いっぱいになって、若干ウトウトし始める時間なんです。

ここでもし「今日はまあいいか・・・」って寝てしまうと、翌朝の罪悪感、後悔はハンパないんですよね。

勉強の計画なんかをきっちり建てているとなおさらです。

眠くなったときの対処法

というわけで襲ってきた眠気に対する対処は基本的に以下の3つになります。

  1. 気合を振り絞ってPCに向かう

  2. ちょっとだけ横になる

  3. 気分転換して眠気を覚ます

まず、『1. 気合を振り絞ってPCに向かう』ですがコレはおすすめできません。

眠い状態で無理やり勉強や読書をしても、全く頭に入らずウトウトするだけなので完全に時間の無駄です。

次に『2. ちょっとだけ横になる』。コレもダメです。

間違いなくチョットじゃすみません。

普通に数時間寝て終わりです。

20分程度の仮眠は眠気覚ましに非常に効果的なのですが、会社の昼休みなどはともかく自宅では仮眠から起きるのが極めて困難です。

というわけで結果的にベストな選択肢は『3. 気分転換して眠気を覚ます』になります。

ここから具体的な眠気覚ましの方法をご紹介しましょう。

眠気を覚ます為に大事な2つのポイント

重要なポイントは2点です。

1つは『眠らない為の強力な理由付け』

もう1つは『具体的な眠気覚ましの手法』

それぞれ解説していきます。

『眠らない為の強力な理由付け』

一般的には2つ目のやり方だけに注目されがちですが、重要なのは1つ目の動機の方です。

『どうしても○○日までに終わらせなければならないレポートがある』とか『××日の試験には必ず受からないといけないので勉強する』といった理由付けがないと、いくら手法を知っても効果は薄いのです。

仮に眠気覚ましができてもその後集中できなかったり、場合によっては眠気覚ましすること自体を諦めてしまうかもしれません。

モチベーションを上げる方法としては『もしそれをやらなかったらどうなるか』を考えると良いでしょう。

先程の例でいうと『もし眠ってしまって期日までにレポートが完成しなかったなら』『もし眠ってしまったせいで試験に落ちてしまったら』という具合です。

その結果が悲惨であればあるほど、強力な動機付けになります。

例えば、ギターを全く弾けない人が3ヶ月後の文化祭で演奏する羽目になったら?

そりゃ本気でやりますよね。

弾けなかったら大勢の前で恥かくことになりますから。

『具体的な眠気覚ましの手法』

眠気は大抵の場合、波があります。

数日間まともに寝ていないとか、激しく体力を消耗しているといった場合を除いて、一度その波を超えてしまえばもうしばらくは眠気は消えます。

つまり『一定時間波を耐えることが出来るか?』がポイントになります。

そのためにコーヒーを飲んだりブラックガムを噛んだり顔を洗ったりして刺激を与えることで波を超えるわけです。

ただ、僕の経験上コーヒーやらガムやら顔を洗うなどは効果が薄いです。

あくまで一時的でしか無く、数分後にはすぐ眠くなり結局波を超えられない事が多いのです。

つまりもっと強力に波を吹き飛ばすようなものか、長期間効果が持続するものがよいでしょう。

僕流!高確率で眠気を吹き飛ばす方法!

ではこれら2点をカバーできるお手軽かつ有効な方法はあるのか?

あるんです!

ズバリ、それは歯磨きです。

え?どういうこと?そりゃ歯磨きは誰だってするでしょって思いました?

いやいや、焦らずに話を聞いてくださいな。

歯磨きのタイミングって人によってバラバラだと思うんですけど、僕の場合は寝る前と朝起きた時の2回が基本です。

というのも、以前歯医者さんに聞いた話では口の中の菌って寝てる間に一番増殖するらしいです。

これは寝てるときに最も唾液の分泌量が減るからだそう。

※唾液さえ出ていれば、洗浄作用である程度菌を除去してくれるので、起きている間はそれほど神経質になる必要はない

食後は、唾液の分泌も活発なので食後すぐに歯磨きをする必要はないのだそうです。

というわけで『寝る前には出来るだけ口内をキレイにしておく&起きた直後には睡眠中に増殖した菌を除去する』、つまり睡眠の前後に磨くのがベストというわけです。

逆に言うと食後~寝るまで間に歯を磨かないままで寝てしまうのは最悪ということになりますよね。

ココまで読んでピンときた人もいるかもしれませんね。

そう、この寝る前に歯を磨かなければならないというのが『眠らない為の強力な理由付け』になるわけです。

以前僕は毎回風呂上がりに歯を磨いていたんですが、最近はあえて眠くなる前まで歯磨きをしないようにしています。

これで、夜やることあるのについ眠くなっても「いかん!せめて歯磨かなきゃ!!」となります。

歯を磨くとミントの香りで眠気もリセットされるので、そこからまた作業に戻ることが出来ます。

僕の場合、これで一度眠気覚ましできればその後またウトウトすることはありません。

逆に昔は「あー眠い。歯だけ磨いて寝よう」ってときに強制的に眠気がリセットされて困ったものでした。

それくらい歯磨きって眠気覚ましに効果的なんですよね。

少なくとも顔を洗ったり、ブラックガムやコーヒーを飲むより強力ですよ。

中々眠気が取れないというときは歯磨きの時間を長めにしましょう。

ちなみに歯ブラシはしっかり磨けて、スッキリ気持ちよくなれる電動歯ブラシ&ジェットウォッシャーが超おすすめです。

というか普通の歯ブラシでは大半の人はまともに磨ききれていないはずです。

詳しくは『一度使うと二度と戻れない!電動歯ブラシ&ジェットウォッシャーの魅力と効果!』を参照してみてください!

まとめ

どうでしょう。

シンプルだけどちゃんとした根拠に基づいた理論です・・・よね?

後はこの生活サイクルに慣れてしまえば、朝晩に歯を磨かないなんて絶対耐えられなくなるはずです。

大丈夫、2~3週間も続ければすっかり習慣化するはずです。

そうなればしめたもの。

2度と『夜に色々やりたかったのに寝ちゃった・・・』なんてことにはならないでしょう。

というわけで、僕なりの眠気回避方法をお伝えしました。

人によっては効果がないかもしれないですが、ちょっと参考にしてみてはいかがでしょう。

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です