毎日のひげそりのベストタイミングは?朝と夜で検証実験!意外な結果が!

ひげ剃りタイミング_アイキャッチ

毎朝剃っていても夕方になるとジョリジョリしてきてしまうヒゲ。

君も嫌になることはないだろうか?あるよね?きっとあるはず。

20代も前半まではたいして伸びなかったヒゲも、アラサーに近づいてくるにつれ段々濃くなってほぼ毎日剃る必要が出てきます。

ところでひげそりのタイミングっていつがベストなのだろうか?

普通は朝のイメージが多いと思う。

ドラマとかでも「寝坊したー!」とか言いながら慌てて出勤前にヒゲ剃ってるし。

だから僕も疑わずに毎朝ヒゲ剃りしてたんだけど、しっかり剃ったはずなのにどうしてもそり残しがでるんだよね。

無理に深ぞりしようなんども剃るとアゴがヒリヒリするし、場合によっては血もでちゃう。

で、発想の転換であえて夜にヒゲ剃りをしてみたらどうなるのかが気になり始めた。

というわけで『当日の朝ヒゲ剃りをした場合』と『前日の夜ヒゲ剃りをした場合』のどちらが良いのかをそれぞれ比較してみようという実験を行った。

今回はその実験結果をお伝えしようと思う。

はてさて、結果はいかに??

朝と夜ひげそりタイミング実験の前提条件

比較するにあたって、以下のような前提条件を設けています。

  1. 普段から使っている愛用の電気シェーバー(Panasonic製)を使用。

  2. シェービングの時間は3分(必要以上に深ぞりしない)。

  3. 基本的には濡らして剃るだけ。特にシェービングクリーム等は使用しない。

  4. 朝の場合は7:00。夜の場合は19:00に剃る。

これらは時間以外は全く同じ条件で、朝と夜でそれぞれ2日間に分けて実験を行ってみました。

さあ、ではさっそく結果をみてみよう!

写真で見る朝と夜のひげそり比較結果

何はともあれ、ひげそり後の経過写真の比較を行います。

特定のタイミングでそれぞれのヒゲの状態を見てみようと思う。

昼12時時点でのひげそり後の状態比較

12時時点、つまり朝そりの場合は5時間経過、夜そりの場合は17時間経過後ということになる。

<12:00のあご>朝そり版

f:id:greyu:20170526003514j:plain

<12:00のあご>夜そり版

f:id:greyu:20170526003516j:plain

あ、ちなみにコレ僕のアゴです。

この時点で若干夜そり版の方が薄いようにも見える。

画像で見るとよくわからないんだけど、実際の手触りは結構違う。

朝そり:チョリチョリ

夜そり:すべすべ

コレくらいの違いがあった。

夜19時時点でのひげそり後の状態比較

夜19時時点、つまり朝そりの場合12時間経過、夜そりの場合は24時間経過後ということになる。

<19:00のあご>朝そり版

f:id:greyu:20170526003517j:plain

<19:00のあご>夜そり版

f:id:greyu:20170526003515j:plain

うーん、やっぱりイマイチ区別がつかない。

ただし、やっぱり触ってみると全然違う!!

朝そり:ジョーリジョーリ!

夜そり:ショリッ!ショリショリッ!!

このくらいの差は感じます。

あきらかに朝剃りのほうがジョリジョリ感が強い。と言うかヒゲが長い感じがします。

夜にひげそりしたほうがよく剃れる?

というわけで何故か夜にヒゲ剃りをしたほうが翌日長持ちするという謎の逆転現象が発生した。

これは一体どういうことだろうか?

単純に剃ったあとの経過時間を考えれば朝剃ったほうが良いに決まっているはず。

そうなると考えられる原因は一つ。

つまり夜にそったの方が、より深剃りができているということです。

実験で夜にひげそりをするとき、僕は風呂場で剃っていた。

おそらく、風呂場の湯気によっていい感じに毛穴が開いてヒゲが根本から剃りやすくなったのではないだろうか。

コレ以外に納得できる説明が思い付かない。

すなわち時間ではなくシチュエーションの差ということになる。

夜にヒゲ剃りを行うメリット

上記の結果から風呂場でヒゲを剃ることは非常に有効と考えられる。

さて、ではさらに夜に風呂場でヒゲを剃るメリットについても考えてみよう。

・ヒゲ剃り後に顔を洗うのが楽

風呂でヒゲ剃りする上で最大のメリットはコレだ。

ヒゲを剃った後、そのままシャワーでまとめて洗い流せるというのはかなり楽。

洗面所で顔を洗うと周りが水浸しになったり服が濡れたり十分に洗い流せなかったりといった問題を気にしなくちゃいけない。

風呂場ならそんな心配は全て無視できる。

・ヒゲが柔らかくて肌への負担が少ない

もう1つ、忘れちゃいけないのがヒゲ剃りによる肌への負担。

でもこれも風呂場のほうが湿気が高いこともあり、負担が少なく感じた。

これはつまり肌が潤っている状態だとヒゲソリの抵抗が少なくなり皮膚を傷付ける確率も減るのではないだろうか。

特に電気シェーバーよりもT字カミソリのほうがより顕著に違いが出るはず。

事実、ひげそり後に全然肌がヒリヒリしなかった。

朝のひげそりの時はヒゲがバリバリ硬い感じなんだけど、風呂場だと少し柔らかい感じがする。

・朝、時間の余裕ができる。

もう1つ、忙しい社会人には見逃せないメリットがコレ。

普段朝に行っているヒゲ剃りを、夜の内に済ませておくことで翌朝の時間の余裕が出来る。

わずか数分であっても、あっという間に時間が過ぎる朝の時間帯ならばそのありがたみは非常に大きい。

でもその分二度寝したら意味が無いぞ!

・すっきりして眠ることが出来る。

夜の内にヒゲ剃りを済ませておけば、つるつるの肌で眠ることが出来る。

寝床に入るときは体が全部キレイな状態じゃないとイヤって人も多いと思う。

ヒゲも綺麗サッパリな状態なら、寝付きもきっとよくなるはず(?)

まとめ

そんなわけで、比較実験の結果『夜にヒゲ剃りしたほうがいい』っていうのが僕の結論です。

単純に深剃りするだけならば床屋にあるような蒸しタオルも効果的だと思うが、朝それをやるのはチョット時間がなくて無理そう。

それに顔を洗うのが楽とか、朝の一手間が減るとか他の面でのメリットも大きいし。

もちろん、今回の実験は僕の場合の一例だ。

個人差があると思うし、その時の肌の状態や体調、それに年齢なんかにも左右されるかもしれない。

だから誰にでも当てはまるとは思わないけど、一つの例として参考にしてみてね。

ただ、風呂上がりの肌ケアはしておいた方が良いと思う。

特に冬場は保湿クリームとかで剃った所をちゃんと保湿しておこう。

じゃないと肌がカサカサになってしまうよ。

あとがき

実はこの記事書いている最中に、とあるホームページでこんなの見てしまった。

『ひげは朝6時~10時の間に一番伸びる』

『朝のほうが肌の血行が良いのでひげそりに向いている』

ウォイ!!真逆やんけ!!

どちらかというとこれらの話のほうが、今の常識っぽい。

とは言え、少なくとも僕の場合は朝よりも夜のほうがメリットを多く感じた。

まあ、向き不向きがあると思うんで、よかったら一度試してみてね!

※くれぐれも自己責任でお願いします。

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です