家族4人で寝られるマットレス(ダブルサイズ)はAirがおすすめ【1年間使ってみた】

家族4人で寝られるマットレス(ダブルサイズ)はAirがおすすめ【1年間使ってみた】

僕は10年以上腰痛に悩まされています。

かつて接骨院やカイロプラティック、整体など様々なものを試したのですが効果なし。

一時的に良くなってもすぐにまたもとに戻ってしまいます。

そもそも姿勢が悪いのが最大の理由らしいのですが、なかなか気を付けていても難しいもの。

ならばせめて布団だけでも腰に良いものを、ということで数年前から色々マットレスや布団を変えて試しています。

そんな僕ですが去年購入した西川のAirというマットレスが非常に体に合っているようで、今までで一番腰痛改善に効果が実感できました。

こういった製品はある程度の期間使ってみないと効果が分かりづらいので、1年ほど使った結果をレビューしたいと思います。

腰痛持ちでAirに興味がある方は是非チェックしてみてください。

西川の高級マットレス『Air』とは

「布団の西川」で有名なあの西川がリリースしている点で支えるマットレス、それがAirです。

サッカーの三浦知良選手や野球の大谷翔平選手をイメージキャラクターに起用しているので多くの人が目にしたことがあるはずです。

Airにはいくつか種類があって、【Air 01】≒【Air 01SE】<【Air 03】<【Air SI】<【Air SX】の順にグレードが高くなっていきます。

グレードに応じて体を支える『点』の数が多くなっていたり、スリットが入っていて通気性が確保されていたりと機能面が強化されています。

僕が購入したのはこの中で2番めのグレードである【Air SI】というタイプです。

実際に西川の取扱店に行ってマットレスを全種類試してみたのですが、やはり値段(グレード)に比例して寝心地は良くなっていくと感じました。

やはりいちばんは体へのフィット感ですね。『点』が多いほど体の凹凸を細かく包み込んでくれる印象でした。

また、反発力もグレードが高いほど強く感じたので寝返りや起き上がる際にもグレードが高いほど楽でしたね。

価格とフィット感のバランスで悩んだ挙げ句結局【Air SI】を選びましたが予算に余裕があれば当然【Air SX】がベストでしょう。

ただ、実際1年ほど使った感覚としては【Air SI】でも十分に性能面では満足しています。

MEMO
個人的には【Air 01】と【Air 03】はスリットもなく『点』の数が少ないので明らかにフィット感が違いました。【Air 03】と【Air SI】の間の差がかなり大きい印象です。

この辺の感じ方は個人差があると思うのでぜひ一度西川のAir取扱店にいって一度横になってみることをおすすめします。

家族4人で川の字で寝るならばダブルサイズ×2がおすすめ!

うちは小さな子どもと4人暮らしですが、以前はシングルサイズの布団×2と子ども用布団の組み合わせで寝ていました。

しかし小さい子はとにかく寝相が悪い!

シングルサイズの布団だとちょっと手狭なんですよね。

もともとはニトリの厚手の敷布団を使っていたのですが、試しに1つをAirのダブルサイズに変えてみました。

思った以上に快適だったので3ヶ月後にはもう1つ追加購入し今はダブルサイズのAirを2つ並べて寝ています。

結果的にはこの状態ですとものすごく快適です。

やはりダブルサイズ2つはかなり大きいので小さな子供と4人だとゆったり寝ることができます。

西川Airダブルサイズを並べた状態

西川Airダブルサイズを並べた状態

6畳の部屋に敷いてみるとこんな感じでかなりのスペースを取ることになります。

以前は仕事で遅く帰ってすでに家族が寝ていたりすると自分の寝る場所がない!というときがありました。

今ならどこかしらスペースは確保できるので以前のように泣く泣く体がはみ出た状態で寝ることもなくなりましたよ。

正直5人だと厳しいと思いますが小学生低学年くらいまでなら4人だとかなり余裕がありますね。

掛ふとんもダブルサイズにしているので広いスペースのなかでどこでも寝られるなと言う感じです。

MEMO
ちなみに寝る場所(体重がかかる場所)がある程度流動的になるとウレタンのヘタりも分散されマットレス自身の長寿命化にもつながります。そういった意味でも余裕あるサイズのほうがメリットが大きいです。

結局腰痛への効果は?

ぶっちゃけて言いますが、このAirをつかったことですぐに腰痛が完全に無くなった、ということはありません。

ですが以前と比べてずっと腰が楽になったのは事実です。

例えば以前はしゃがんで行う雑巾がけや風呂掃除は5分以上できなかったのが、今では30分以上痛みなくできます。

また、ソファなどで寝てしまったりすると翌日腰を曲げられないほど痛みが出ることがあったのが今ではちょっと痛む程度で済みます。

僕の場合、もとが結構ひどかったのでかなり効果があるように見えますが、これも半年以上使って除々によくなってきたものであり1,2ヶ月で即改善したわけではありません。

感覚的には長期間に渡ってマットレスを使うことで少しずつ腰への負担が減っていき、腰痛改善につながっていったのだと思います。

また、短期的な効果としては朝起き上がるときの楽さは以前の布団と比べて大きく違います。

元々それまで使っていたニトリの敷布団が完全にヘタっていたというのもありますが、これは使った翌日からすぐに実感できました。

前述のとおり【Air SI】はシリーズの中では比較的反発が強く感じますが、Air自体はそこまで反発が強いマットレスではありません。

Airの売りである点で支える体圧分散の仕組み上、もっとも荷重がかかる腰回りはある程度沈み込みます。

とはいえ低反発マットレスのように手をついた所の跡が残る沈んでいくものではなく、あくまでも自然に体の形に合わせて程よくフィットするというイメージですね。

このおかげで仰向けでも横向きでも程よく背骨が自然な形になりますから腰への負担が少なくなっているのだと思います。

特に横向きで寝ると非常に楽に寝ることができます。

MEMO
なお、購入直後は割と反発が強めに感じますが2,3ヶ月使うといい感じに馴染んで反発も弱く(ちょうどよく)なります。西川の店員に確認した所、ウレタンがヘタったというわけではなくこれが本来の硬さだそうです。

公式HPに載っている体圧分布比較の写真などもこの反発力が馴染んだ状態で計測されたものとのことでした。なお、その後1年以上使っていますがウレタンの厚さなどはそれ以降は特に変化はありませんよ。

1年間使ってみて感じたメリット

ではここからは実際に僕が1年に渡って愛用してみて感じた印象やメリットをご紹介します。

今のところはヘタりは感じず

前述の通りいわゆるヘタりは感じません。

安いマットレスだと毎日圧力が加わりやすい場所ばかりそのうち凹んでしまうことがありますが、スリットがあり点で支えるという特性上普通に使う限りではウレタンが凹むことはないです。

ヘタりというか寿命となる可能性としてはスリット部分に必要以上似力が加わってスリットが裂けてしまうというパターンだそうです。

コレは畳むときの持ち方などに気をつけることで対処できるでしょう。

価格は高いものの寿命も長そうなのでこれからも大事に何年も使っていきたいと思います。

スリット構造のおかげか夏場でも湿気は感じない

【Air SI】のスリット構造は体を支えるというだけでなく通気性の面でも大きなメリットになっています。

実際、かつて¥3,000位の安物のマットレスを使っていた時期がありましたがその時は毎日ちゃんと畳んでいたにもかかわらずカビが生えてしまっていました。

おそらく汗の湿気が完全に抜けなかったためでしょう。

西川のAirにしてからは、春夏秋冬1年過ごしてみましたがカビなどは皆無でいつでもサラッとしています。

もちろんベッドじゃない限りずっと敷きっぱなしにするのはNGなので毎日畳む必要はありますよ。

MEMO
どうしても面倒な人のためにマットレスの下に敷くことで湿気を逃がすドライシートというオプション製品もあるのでそちらを検討するのもよいでしょう。

専用シーツが抜群に肌触りがよい

Air本体の話からちょっと外れますが、Airと一緒に専用のシーツも販売されています。

ダブルサイズだと¥8,000とシーツとしてはかなり高価ですが、肌触りが非常によくて扱いやすいので是非一緒に購入することをおすすめします。

夏でも冬でも常に快適な肌触りでとても気持ちが良いです。

流石に純正のシーツだけあって本体にもピッタリフィットしますし、全周ゴム入でかつ素材自体も伸縮性があるのでシーツをセットするのも楽です。

Air専用ニットシーツ

Air専用ニットシーツ(全周ゴム入)

ダブルサイズだとシーツも大判になるのでセットに苦労するとかなりストレスになるので純正シーツをかって本当に良かったと思います。

また、あまり厚手のシーツを使うとのAirの特徴である点で支えるフィット感が感じづらくなるため、なるべく薄手の素材のシーツを使ったほうが良いです。

Air専用シーツをつけた状態

Air専用シーツをつけた状態

丸めてバンドで止める際にももちろんシーツには干渉しないようになっています。

Airの真価を発揮させるためにもぜひ専用シーツの購入を強くおすすめします!

1年間使ってみて感じたデメリット

一方でデメリットもいくつか存在します。

それらについてもご紹介しておきましょう。

なんといっても高い

まあコレはすでにご存知とは思いますが、やはりAirは高いです。

(マットレスとしてみれば、という話であり競合製品のエアウィーヴなんかも同様に高いですが)

以前使っていたニトリの敷布団は¥10,000程なので10倍近い価格ですね。

はっきり言って僕のように長年腰痛に悩まされているとか、どうしても今の寝具に不満がある、あるいは眠りに対して強いこだわりがある、など明確な理由がない限り買うべきではないでしょう。

それらの理由がなければ10万円ちかい金額を出す意味がないからです。

僕の場合ダブルサイズのAir SIを2つ、更に純正のニットシーツを4つ購入したのでこれだけで25万近い敷布団セットということになります。

給料の一月分の手取り近い金額なので我ながらよく買えたものだと思います。。。

前述の通り大事に使えば長く持ちますが、10年位使わないとコストパフォーマンス悪すぎですね。

畳むのが結構面倒(だけどすぐ慣れた)

ベッドではなく布団のように床に敷いて使うマットレスの場合、原則毎日朝起きたら布団を畳む必要があります。

昔使っていた布団の場合は二つ折りにするだけで良かったのですがAirの場合は基本的にバンドで丸めて立てておく必要があります。

Airを丸めて立て掛けた状態

Airのダブルサイズ×2を丸めて立て掛けた状態

このようにまるめて壁に立てかけてます。

コレがけっこう大変かもしれません。

特にダブルサイズの場合横幅も広いので。。。

また、2ヶ月もすれば楽になりますが購入直後はかなり反発が強いのでバンドで止めるのも一苦労です。(思いっきり体重を乗せないとバンドが止められません)

当然ですが掛け布団や毛布、枕なども毎日しまう必要があります。

ぶっちゃけ最初は正直面倒そうという思いが強かったのですが、実際には毎日やっていれば自然と慣れてしまい今では全く苦には感じません。

それに高い買い物なので可能な限りいい状態で長く使いたいという思いがあるので続けられるのかもしれませんね。

Airを安く買う方法

さて、この西川のAirですが各量販店やネットを探してもほとんどが定価販売になっています。

基本的には値引き販売はされないようです。

なので店舗で安く購入するにはデパートの株主優待券やマルイ等のセール(マルオとマルコの7日間)などで一律の割引を狙うしかなさそうな感じでした。

ですが、なにせ高い買い物なので僕も購入時にはなんとか少しでも安く買う方法をめちゃめちゃ探しました。

その結果、実質20%引きで購入できる方法を見つけました。

それは楽天市場の『西川寝具専門店 e-sleep-style』という店を利用する方法です。

 

この店、独自のクーポンを発行していて、10万以上の商品で10%オフになるクーポンが提供されています。

また、Air SIを始めとしていくつかの商品は楽天ポイント10倍になるキャンペーンも行っています。

このクーポンとポイント10倍は併用可能なのでコレで実質20%引きになります。

もちろん西川の正規取り扱いですし、僕も実際に2つともこの店で2購入しているので問題がないことは確認済みです。

先にマットレスを購入してそこで溜まったポイント使用してシーツを買う、というのがおすすめですね。

個人的にあらゆるサイトからかなり探しまくったので、ここで買うのがほぼ最安値クラスで間違いないと思います。

なお、本情報は2020年3月時点で確認していますが、今後クーポンやポイント10倍キャンペーンの終了や条件変更、そして商品売切れの可能性もあるのでその際にはご了承ください。

気になる人はなるべく早めにチェックしてみてくだいね。

まとめ

腰痛持ちの人のために西川のAirを1年以上使った感想と実体験についてお伝えしました。

ポイントを簡単におさらいすると以下の様な感じでしょうか。

  • 長期間使うことで重度の慢性的な腰痛にはかなりの改善効果が実感できた
  • いくつかラインナップがあるが、できれば【Air SI】予算に余裕があれば【Air SX】がおすすめ
  • 家族で使うのであればダブルサイズ2個使いがおすすめ
  • 少しでも安く買うには楽天市場の『e-sleep-style』がおすすめ

腰痛は短期間で治すことは難しく、長期的に改善していく必要があります。

そういう意味では毎日の布団を変えるというのは非常に重要であり効果的な対策ではないでしょうか。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です