バイクの維持費 『車検代が無いから250cc』その選び方は大間違い!?

250cc車検代

バイクを選ぶ時に、気にするポイントの1つとして排気量があると思います。

そもそもバイクの免許を取ろうとしたら、普通二輪と大型二輪で排気量が別れるので当然っちゃ当然です。

この時、よくバイクの維持費がポイントになるパターンが多いようです。

特に250ccは車検が不要なので、維持費が安く最初の一台にうってつけ。と紹介するのをよく目にします。

ですが、僕に言わせてもらえば【そんなものは嘘】です。

はっきり言ってバイクの維持費は250ccでも1000ccでも実はそこまで大した違いはありません。

今回は巷に蔓延しているバイクの維持費(特に車検)に関する誤解ついて説明します。

・車検を理由に400cc以上のバイクを諦めるのはもったいなさすぎ!

よく250ccのバイクを選ぶ時の理由として『車検がないから維持費が安い』という意見を聞きますが、コレは断じて違います!!

いわゆる車検費用というのは、実は大部分が税金と自賠責保険です。

250ccと400ccと401cc以上の大型の税金、自賠責保険を比較した表が以下のとおりです。

排気量重量税自賠責保険料印紙手数料合計
250cc未満(普通免許)0円(※1)12,220円0円12,220円
400cc未満(普通免許)3,800円(※2)11,520円1,700円17,020円
400cc以上(大型免許)3,800円(※2)11,520円1,700円17,020円

※1 新車購入時に4,900円が別途必要

※2 新車購入時に5,700円が別途必要登録年数に若干応じて変化)

見ての通り、実は車検に絡む費用は250ccと750cc超でわずか5000円弱しか差がありません。

なんせこれ2年間での話ですから24で割ると月々わずか200円ちょいです。

さらに言えば250cc以上は大型であっても同じ金額です。

車検を受けなくても、軽自動車税や自賠責保険料は必ず払わなければなりません。

そう考えると車検の有無を理由に250ccクラスのバイクを選ぶのはもったいないと思いませんか。

・なぜ車検は高いのか?

一般的に車検代が高いと言われているのは、業者に代行をお願いする場合の話なんです。

その場合、上記の重量税、自賠責保険料、検査料に加えて、事前のチェック費用や不適合になりそうな部品の事前交換費用、そしてなにより代わりに車検を通すための手間賃が猛烈に高いんです。

結果として30,000~50,000円程度の上乗せがあり、結果として車検を通す=5万~10万の出費というイメージになっているのです。

大多数の人は車検をディーラーや業者に任せています。

普通は車検を受ける場合は自分で整備できる人じゃないと出来ないと思い込んでいるからです。

僕の場合、整備どころかオイル交換すらやったことありません。

でも、1時間もかからずに車検を通せちゃうんです。しかも過去3回とも1発合格です。

なぜなら、車検でチェックするのはあくまでも『車検証の申請どおりの規格に合っているか』『最低限公道を走れるレベルの状態になっているか』のチェックだけだからです。

暴走族のように無茶苦茶な改造を施したり、ランプ類すらまともに点かないような危険な状態じゃなければ、普通は合格するはずなんです。

具体的なユーザー車検のやり方は【足立検査場】超簡単!バイクのユーザー車検の手順を紹介&実践レポで細かく紹介しているので是非チェックしてみてください。

・24ヶ月点検はどうするべきか

車検は上記のとおり、簡単な外見的な機器類の基本チェックだけで通ります。

その他に24ヶ月点検という各種細かい部品の状態やボルト・ナットの緩み等の項目チェックがあります。

これは各部品に緩みやガタツキ、損傷がないかのチェック、配管類の損傷、油漏れなどが無いかを50以上の項目に渡ってチェックするものです。

これも普通のバイクであれば本来クリアしてしかるべき最低限度のチェック項目ではありますが、エアクリーナーの状態や連結部の緩みなど、中々素人にはチェックが難しい項目も含まれています。

実はこの24ヶ月点検については、あくまでも自己申請となっています。

つまり1つ1つの項目について本当に問題がないかのチェックは車検では行われません。

そもそも後からチェックしておきます。とだけ言えばこの24ヶ月点検そのものがカットされます。

が!

だからといって別に点検が不要ということにはなりません。

それはみなさんも理解しているでしょう。

コレは本来400ccだからとか250ccだからとかで分けるべきものではなく、原付きを含む全てのバイクが本来チェックすべきことです。

したがって、自身の安心の為にも排気量にかかわらずあらゆるバイクで点検は必須といえるでしょう。

むしろ車検がないからといって数年以上まったく点検しないまま乗りっぱなしの原付きのほうがずっと怖いです。

ですからこの基本点検についてはガソリンで動くバイクに乗る以上、何ccであっても自分であるいは業者にお願いするなりしてやるべきです。

金額の目安としては大体ディーラーに頼んでも20,000~30,000円位です。

場所によってはもっと安いところもあるでしょう。

まとめ

というわけで、250cc以上のバイクを買う際の最大の壁とも言える維持費の、特に車検について『実は費用面はほぼ大型と同じ』『実はユーザー車検は超簡単』という点をお伝えしました。

もしバイクを買う際の維持費について悩んでいるのであれば、参考にしてみてください。

維持費問題がなくなれば、隼だろうがゴールドウィングだろうがハーレーだろうが一気に選択肢が広がりますからね!

ちなみに散々言っておいてなんですが、僕は免許取ってからずっと一貫して400ccのスズキブルバードです。

ブルバードの魅力に関しては【インプレ】スズキ ブルバード400(2010年式)を乗り続ける理由でじっくり語っていますので参考にしてみてください。

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です