緑のたぬきをアレンジしてみた!【後のせサクサク天ぷらの意外な事実】

f:id:greyu:20170507161919j:plain

なんか一時期カップ麺をアレンジする。というのが流行った気がします。

本来はお手軽&チープな食べ物であるカップ麺。

わざわざアレンジという名の一手間を加えることで『サクッとお湯を入れるだけで手軽に食べられる』というアイデンティティを崩壊させるわけです。

というわけで僕もカップ麺アレンジとやらを試してみることにしました。

ターゲットはマルちゃんの『緑のたぬき』です!!

※よかったら他のアレンジシリーズも一緒に見てくださいね!

カップ麺アレンジとは?

実は僕、カップ麺アレンジって言葉しか知らないんですわ。

だから実際にチャレンジする前にどんな風にみんなアレンジしているのか、チョット参考にしてみたいと思います。

どうもツイッターとかのまとめを見ていると、一般的なアレンジって普通具材を足して豪華にしたり、他の調味料を加えて味に変化をつけたりすることを指すらしい。

なるほど、緑のたぬきの場合、市販の天ぷらをトッピングしたりチーズを加えたりってカンジ。

ううむ、せっかく後発でやるならちょっと変わったことをやってみたいと思っちゃうよね。

緑のたぬき→○○○○にアレンジ

カップ麺は基本的に温かい状態で食べます。

したがってカップ麺において冷たい麺というのは通常ありえません。

だからこそ、僕はカップ麺から冷たいそばを作り出すという矛盾にチャレンジしたいと思う。

というわけで今回行うアレンジ内容は・・・

なんとざるそばだァァァアアアーー!!!

業界のタブーへの挑戦である。

わかってる。

緑のたぬきをざるそば化って・・・正直言ってコレただの改悪だよね。

だがもうここまできたら後にはひけない。

やるっきゃない!

実録!緑のたぬき調理の様子を紹介!

今回ターゲットとなる、おなじみ『マルちゃん 緑のたぬき』です。

f:id:greyu:20170507161919j:plain

こいつを使って、ざるそばを作っていくことにします。

まずは中身を取り出す。

f:id:greyu:20170507161927j:plain

粉末スープについては、つけ蕎麦用の汁にするのでここではカップ麺には入れない。

つまり麺単体で茹でることにする。

f:id:greyu:20170507161925j:plain

待つこと3分。

出来上がったのがコレ。

f:id:greyu:20170507161926j:plain

粉末スープも天ぷらも入れていないので、まさに『THE・素蕎麦』と言った感じ。

さっそく湯切りする。

f:id:greyu:20170507161929j:plain

なんか最初から麺と一緒に小さな小さなかまぼこの欠片が入っていた。これは薬味として袋にはいっているわけじゃなくて最初から麺の下に隠れていたようだ。

とりあえず放っておいて、流水でしめる。

f:id:greyu:20170507161930j:plain

なんか手がヌルヌルするんだけど。

残った粉末スープは別途お湯で溶いてざるそば用の麺つゆ代わりにします。

お湯の量は適当。とりあえず100ml位で試してみる。

カップ麺アレンジ完成!見た目は?

というわけで、冷水でしめたものを盛り付けて出来上がったのがコレである。

f:id:greyu:20170507161931j:plain

貧相すぎる・・・っ!!

まるでどこぞのおせち。

冷静に考えたら緑のたぬきの具ってメインのかき揚げ以外ほとんど無い。

麺だけを集めたらこうなるのは明白だった。

ここは本来のアレンジの例にならって少し食材を追加してみます。

スーパーで買った天ぷらを初めとして、薬味にネギ、チューブの生姜、わさび、さらにそば自体にのりをトッピング。

f:id:greyu:20170507161932j:plain

うむ。コレでだいぶいい感じになってきましたね!

実食!意外な事実が判明。

早速いただきまーす!

・・・うん、思ったよりはいける。

めんつゆは適当な量のお湯で割ったけど、ちょうどいい。

薬味として生姜、わさび、ネギが加わることでぐっと味に深みが出る。

生姜とわさびがかなり戦力強化に役立ってる。

これらが一番のキモになってる気がする。

ただ、一つだけ気になる点がある。

最初からカップ麺に入っている『かき揚げ』

他の天ぷらと一緒に食べると完全に別物。てか偽物。

コレ本当にかき揚げ??

なんか油っぽいせんべいって感じで、正直言って単体で食べると美味しい物ではないです。いや、ぶっちゃけコレ相当まずい。

本物の天ぷらと比べると出来の悪い海外製のお菓子にしか思えないです・・・。

緑のたぬきアレンジ総評

結果的にカップそばは、ざるそばとして食べても十分食べられることがわかった。

ポイントはめんつゆに生しょうがチューブやわさびを加わることで風味が増すという点。

はっきり言ってメリットはこの1点に尽きる。

デメリットとしてサクサク(つーかバリバリ?)の天ぷらのまずさが強調される点や、ザルが油でべたつく点、洗い物が増える点、そして何より手間が増える点などデメリットは目白押しだ。

まあ、物好きは一度位試してみるのもいいかもしれない。

個人的に点数をつけるならば、65点といった所である。

おまけ

あと、一応麺を茹でるのにつかったお湯で蕎麦湯も作ってみたんだけどただの薄めたカップ麺の汁でした。

もちろん蕎麦湯のとろみもない。

そりゃそうですよね、手順が違うだけで普通に作るのと中身一緒ですもん。

途中で気づけよって話ですよね。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です